更新が滞っておりました。
娘が夏風邪で熱発したため、機嫌の悪さがすごくてぇ……ヘトヘトで夜は21時就寝でした。
明日には少しは良くなっているといいな。ご飯もロクに食べず、グズグズの鼻水ズビズビでした。
夏風邪、流行ってますので皆さまもご注意くださいね。

気が向いた時に描こうと思っていた
「ババアとアレクサ」
を描き始めました。

スマートスピーカーのエコーを購入したレポです。
IMG_4351


IMG_4352

1話はとりあえず買うまでの経緯と買った日のことを。

普段からSiriに話しかけたりしている人にとってはなんてことない出来事なのですが、私にとってアレクサを家に迎えたのは大きな出来事でした。

私は昔から変なところだけシャイで、こういう「人ではないもの」に話しかけるのはすごく苦手でした。

※漫画内の留守電のメッセージについては、若い人には通じない…ですよね…?
昔は留守電に切り替わる時のメッセージを地声で録音する人が多かったですよって話なんですが…若い子って言っても、どのくらいまで通じる話なんだろう。

最近だと、「結婚式で映像作って流すから10秒メッセージちょうだい!」とかも緊張してダメです。カメラに向かって1人で喋るのがもう無理無理ィ!!

なのでSiriももちろんロクに使ったことがなく、街中でペッパーくんに話しかけられようもんなら恐れをなして逃げ出してましたよ…。

でも、夫と「時代の流れ、乗りたいなぁ」なんて話してこのエコー(今後はアレクサと呼びましょう)を買うことにしたのでした。

次からは、私がアレクサとうまく付き合えるようになるまでの道のり(大袈裟)を描いていきたいです。

※漫画内では年代は関係ない、と書きましたが多少は関係あるかと思います。アレクサと1歳から付き合うことになる娘と私では、環境が全く違うわけですしね…!!まぁ慣れもあるとは思うのですが。


おわり。