昨日の深夜から今朝にかけて、当ブログに繋がらないトラブルが発生しておりました。申し訳ありません。

ドメインの設定変更をちゃんとしたつもりが、1箇所記入漏れがあったためです…うっかり…。

〜〜〜〜〜

今日はただただ愚痴を垂れ流すブログ…と見せかけて、生協のミールキットもよかったわ〜なんて話も少しありますッ!!!

まずは愚痴から。グダグダとわざわざ漫画にした。
元は料理好きだったババアが、やる気を失った結果↓
IMG_5039

愚痴と見せかけて、さりげなく生協の酢の物ベースとカルディの黒糖くるみをオススメしている。

○食べない子の親になってわかること

ババアは一応、管理栄養士の資格を持っています。もし、娘を産む前の私が管理栄養士として栄養指導をしようものなら、今の私になんとアドバイスをしたでしょうか。

「お子さんにとって、食事が楽しいと思えるような工夫をしてみましょう。」
「お母さんがキリキリしていると、それを感じ取ってしまって食べてくれないかもしれません。食べなくってもいいよ、というような広い心で接してみては?」
「お弁当箱に詰めて、外で食べてみるのはどうでしょう?気分が変わり、食べてくれるかもしれません。」

……

うん……

うるせーーーーーッ!!!そんなんで食うならハナから苦労しとらんわ!!!

と怒り狂ってしまうかもしれませんね…あっはっは…
(前もこんなブログ書いたな…)

これらの工夫が功を奏したことも、もちろんあります。それでも、ほんの僅かでした。根本的に食事に興味のない子に食べてもらうというのは、私が想像していた以上に大変なことでした。

完食してくれる相手がいない。完食どころか、全然減らない。もちろん夫は食べてくれるけど、遅い時間に私の見えないところで食べるから…できたてを食べる相手は、自分と娘だけ。

子どもがたくさんいるママに、「1人目はもちろん悩んだけど、2人目以降はとにかく忙しくて誰がどのくらい食べたか把握してる暇がない。だから結果的に、気にしなくなった」と言われたことがあります。
「あなたは1人目の子どもだから、そりゃ、悩むよね。」と。

確かにーーーッ!!!親戚の子たちとワーワー食べるときは、娘がどのくらい食べたか気にならないですもの。

ダラダラと書きましたが、これらの苦労って結局「主たる保育者」にしか分からないのですよね…。(この場合は私)
ほんの1食、食べている光景を見たくらいでは分からない…。

捨てるのが苦痛なら、外食や惣菜にすればいい。そう割り切った時期もあります。それでも結局、残り物を捨てる(外食の場合は捨ててもらう)のはけっこう疲れる。もちろん残り物が出ないようにオーダーの仕方も工夫をしますけれども!!

なぜでしょう。

食育に関する色々な本を見ている限り、やはり日本人は「食べきれなかった物を捨てる」ことへの罪悪感が大きいように感じますね。

親にそう教わってきたから仕方ない部分もありますが…本当はもっと割り切りたい。

もちろん大人は、ある程度は自分の食べられる量を把握して「捨てずに済む」ようにする方が良いでしょう。
しかし、子どものうちは仕方がない。捨てることになったとしても、誰も悪くない。割り切って大きくなるまで捨てづつけるしかない。

そう思いたいけど〜〜〜
なかなか難しい〜〜

何十年と生きてきた中での、常識のようなものを変えるのは大変ですね。

また、とりとめのないことを書いてしまいました…

※ちなみに、私は親に「あんたの食べ残しを食べてきたせいで太った」とよく言われていたので、あまり無理に食べ残しを食べたくないです…。

○今できる最善の策

これはもう、保育園で楽しく食べてきてもらうしかない…。
3食のうち1食を保育園で食べてきてもらえるだけで、娘にはいい刺激になり、私はすごく楽になります。そりゃそうですね、捨てる回数が減りますから…。楽になる分、夕飯へのストレスが少し減り、結果的に食卓は明るくなるわけです…。

保育士さんも、
「ババアさんの娘ちゃんは、食べるよりも遊ぶ方が好きですもんね。仕方ないですよ、今の時期はそういう子も多いですから!園でも色々工夫してみますね」と言ってくださるんです。
これにはすごく救われました。保育士さんってなんてすごい仕事なんだ…。

○育児の先輩方からの励まし

これもとてもありがたいものです。

×歳ごろから少しずつ食べられるようになった…とか、まだまだ少食の偏食だけれど、これなら食べられる、とか言葉で教えてくれるようになって少しマシだよ…とか。

この苦労がこの先50年続きますよ、と言われたら途方に暮れますが、そうでもないようだから…なんとかするか。
という気持ちになれます。

そんなわけで、今までTwitterや当ブログでお声をかけてくださった方々には感謝してもしきれません!!!

ちなみにババアは若い頃、外食バイトをあちこちでしていました。
すると、お客さんに
「子どもがほとんど食べなくて…。こんなに残してしまって、すみません。」
なんて謝られることがよくありました。

その度に私は、
「いえいえ!お気になさらないでください!」と返していたのですが、
本当に心から「なんで謝るんだろ〜?お金払ってるんだから、別に店側はなーんにも気にしないのにねっ。律儀なママさん♪」ぐらいに思っていました。

なのに今、やはりお店であの時のママさんのように謝ってしまうのであった…。

〜〜〜〜〜

漫画内に出てきた生協の酢の物ベース、めちゃくちゃ便利ィ!!!

○生協の酢の物ベース

春雨、にんじん、きくらげが入っています。
これをそのままドドドと出して、適当な具と和えればもう酢の物。
少し甘めな気がするので、酸っぱいのがお好きな方は酢を足せばバッチリでしょう。

原材料も
砂糖、緑豆春雨、にんじん、醸造酢、ごま油、きくらげ、食塩
とシンプル。
※ごまアレルギーには注意。

ババアは昨日、きのこを適当にレンジでチンして、水気を切り、この酢の物ベースで和えました。謎のきのこの酢の物。

他にも「白和えベース」などがありますね。どれも便利ィ…。

そして最近は、生協のミールキットも週1ペースで使うようになりました。

○生協のミールキット

メインのおかずのみなので、たいてい1000円以内くらいで毎週けっこう違うラインナップ。
そして生協は地域によっても違うかな…。

私の加入している地域ではこんなのがあります。
FullSizeRender


FullSizeRender

前住んでいた地域でも同じようなミールキットはありましたから、どこでもそんなに大きな差はなさそう。大抵2人前くらい。

何度か試してみましたが、割と味はしっかり目。子どもには調味料を調整した方がいい品物もあるかもです。なんというか、お惣菜よりの味ですね。
うちでは調味液を全部入れずに味見して、少し残すことが多いです。

今度ちゃんと作った写真を撮っておこう…。ちなみに量はジャスト2人前って感じのものが多かったかな…。半人前〜を食べるお子さんに取り分け、となるとメイン感が減ってしまうかも。

寒くなってきたら、メインおかずをミールキットに任せて、あとは野菜をたくさん入れた味噌汁や豚汁、野菜スープなどの汁物があれば一汁一菜で充分ですね〜。

この秋冬、料理のモチベーションもなかなか上がらないのでそんな感じでいきたいです。

オイシックスのミールキットはエンターテイメント感(?)を求めて利用して、生協はそこそこリーズナブルに簡単ご飯を。という感じで使い分けております〜。
ご参考になれば…。


あと、全然関係ないですが疲れた時にはこちらのカルディの黒糖くるみを齧っています…

おいしいと教えて下さったもちもち米さんに感謝です…🙏✨

くるみはオメガ3脂肪酸や抗酸化物質を含むので、美容と健康にも良いと言えるでしょう。もちろん食べ過ぎは禁物ですが…これは更に砂糖も多く含みますからね。

少しずつ、ポリポリと食べています。


〜〜〜〜〜

今日は気持ちの良い晴れだった、という方も多いでしょうか。ババアもチャリンコで娘と支援センターへ行き、空の明るさ、そして秋らしい雲に癒されました。
乾燥機に任せっきりだった洗濯も、久しぶりに干せているし。(寝坊している娘と私をよそに、夫が干した)

とはいえまたお天気崩れそう。
雨が降ると調子も出ませんから、今週の残りは省エネモードで行きたいところですねッ…。

おわり。