こんばんは。また昼寝の寝かしつけでウトウトしてしまったババアです…。

今日は、以前からちょこちょこ描いている育児ロボ漫画の番外編(っていうか番外編ばっかり)です。
未来の麦茶事情について。

IMG_5299

過去記事:
育児ロボ前編
育児ロボ後編
2050年のベビーカー
VR赤ちゃん
2050年のシャンプー

はい、何番煎じか分からない未来ネタですが、今日は麦茶についてでした。
何が言いたいかって…
麦茶作るのめんどくさッ!!でも買うのもめんどくさッ!!!!です。

○家庭の麦茶、どのスタイル?

皆様は麦茶(というか、家庭で常備している飲料)、どうされていますか?
水道水に麦茶パックをポイ!の人もいれば、ヤカンでお湯を沸かしてグツグツ…の人もいて、更には麦茶や水はペットボトルで買ってます、という人もいれば、家にウォーターサーバーを置いてそれを飲んでます、という人もいたり…。

○我が家の場合

家庭によって様々ですが、うちはなんとなくヤカンで沸かしています。
以前住んでいた県では、水道水をそのままジャーからの麦茶パックをポイ〜だったものの…。今住んでいるところはあんまり水道水が美味しくない気がして、沸かした方が美味しいような…いや、気のせいかもしれませんが…。
それに、沸かすスタイルだとたまに「温かいお茶が飲みたいな〜、あっ、沸かしたての麦茶あるじゃん!これ飲も」みたいなことができるので…。

本格的な浄水器を設置するか、はたまたウォーターサーバーを設置するか、ブリタなどの簡単な浄水を導入するか悩んだのですが…

↑ブリタは簡単。場所もそんなに取らないですしね。

まぁ悩んだ挙句、せっかくヤカンがあるし沸かすか…というか、何か設置するのがめんどくせぇ、という感じで沸かしています。

水道水のトリハロメタンが体に良くない…とか考え出して調べまくった時期もあったのですけれども…。

○名もなき家事

最近よく耳にする「名もなき家事」。分かりやすい記事はこちらかな。

よく考えたら「麦茶の補充」という名前があるっちゃあるんですが、なんとなく「カラになった麦茶のボトルを洗って新しく麦茶を作る / 麦茶パックがなくなりそうだったら買い物リストに追加する」などの作業はあんまり名前がないというか…めんどくさい割に、あんまり成果が目に見えないというか…。

浄水器などを設置しているご家庭なら、そのカートリッジを交換するとか…そういうのもあんまり目立たない家事かなぁと思います。

シュフのこういう細々とした作業をいかに可視化して家庭内で共有するか?
そもそも、こういう細々とした作業をいかに減らすか?
みたいなことがこれからのカギになってくるのでしょうね。

例えば娘が将来、パートナーと暮らすことになったとき…。娘の価値観もパートナーの価値観も、私の世代とは大きく違うだろうなと思います。

私が名もなき家事にヒイヒイ言っていたら…娘はそれが当たり前と思って同じようにするか、もしくは反面教師で、そういう手間を減らすよう努力するのか。
どちらにせよ、私はなるべく「名もなき家事に振り回されて疲弊してる母」という図は避けたいなぁと思う日々です。

麦茶に話を戻しまして…

必然的に "家に長くいる人間" がその作業を行うことが多い分、あんまり可視化されていない家事のように感じますねぇ。

私は麦茶が切れてから慌てて沸かすのが嫌なので、早めに沸かすタイプです。更には家にいる時間も長いから、麦茶の8〜9割は私が沸かしていると思います。
(夫は飲みっぱなしにせず、ちゃんと沸かしてくれるタイプですが)

もし将来、漫画のようなマシンが一般家庭にも普及するようになったなら…私はきっと、「あぁ、これまでホントに麦茶を沸かしまくってきた人生だったな」と振り返るだろうなと思います。そんな思いを漫画にしましたッ!!!

○今後、麦茶をどうするか

超人気ブロガー・カータンさんの日記にもこんなのがあって…
我が家の麦茶をめぐる戦い

他にも面白いのがこれ、
麦茶と水を買うなんて発想がなかった時代の話


カータンさんはついに麦茶を作ることをやめ、買うことにされたんだそうです。
そういう手もあるよな〜、でもブログにあるように、ペットボトルの麦茶でも片付けは必要。それを誰がやるのか?
確かにストレスをゼロにはできないんだなぁ。と思いました。

そんなわけで色々と考えましたが、もう
メンテナンス不要のドリンクバーから麦茶がドバドバ出てきて、材料も勝手に発注されて補充されているという究極の状態でない限りはストレスをなくせないもんだな。と思った次第ですッ!!!

○海外ではどうだろう?

アメリカでは、冷蔵庫に水が出てくるディスペンサーが付いているという家が多かったと思います。今はどうなんだろう?
この記事も10年以上前なのでわかりませんが…
(アメリカの冷蔵庫はディスペンサー付きが多いという記事:

イタリアでは…水道水は硬水だったので、体に良くない!とか言ってペットボトルの水を買っている人が多かった印象です。我が家もイタリア時代は普通の水と炭酸水をスーパーでたくさん買ってストックしていました。

そうそう、炭酸水もよく飲まれていたように思います。冷蔵庫には普通の水と炭酸水があって、どっち飲む〜?って聞かれた記憶が…。

他の国については詳しく存じませんが、日本のこの「麦茶」という文化は少し独特ですね。ただの水と違って一手間かかる分、名もなき家事が増える可能性を孕んでいる…?

でも、水と麦茶どっちがいい?と聞かれたらやっぱり麦茶なんですよねぇ。(私の場合ですが)

うーん。

○ちなみにオススメのお茶

子どもが生まれてからは、麦茶代わりに色々なお茶を試してみました。
以前ならコーヒーや紅茶をガブガブ飲めていたのに、妊娠〜授乳中はそうもいかず…やたらと喉が渇いたので麦茶系ばかり飲んでいました。授乳中なんて1日3リットルくらい飲んでいたような気がします…。



ネットで見つけたこの赤ちゃん番茶、カフェインもほとんど含まれておらず、クセがないため気に入っています。
水出しでもいいし、沸かしても。

あとは熊本・南阿蘇のこの野草混合茶も美味しいです。

FullSizeRender


お土産に頂いてから気に入って、使っています。ノンカフェインで、あんまり飽きのこない味というか。こういう野草混合茶って色んな味がありますが、ほどよいブレンドですねぇ。

またも阿蘇ですが、これは色んなスーパーで見かけてたまに使います。


お手頃な割に美味しいです。

あとはもう普通にスーパーで買える鶴瓶さんの麦茶とか、たまにルイボスティーとか。

ルイボスティーは少々クセがありますが、娘は意外と普通にごくごく飲んでいました。なんやかんやルイボスティーは健康にいいとかなんとか言われていますよね…どうなのか知りませんが…。


麦茶作りの話からあっちこっちに話が飛んでしまいましたが、以上ですッ!!!

オススメのお茶や麦茶を巡る家庭のあれこれ、いいお話があったら是非お聞かせ願いたいものです🙏✨

〜〜〜〜〜

今日のできごと。

○落し物ストリート

今日のお昼に娘とチャリで走っていたら、すれ違ったご婦人が「あら!お靴が!」と叫びました。

そう、娘の靴がスポッと抜けて落っこちてしまっていたようです…私は気がつかなくて。

慌てて引き返すと、そのご婦人は靴を拾って待っていてくれて、なんと、わざわざ娘に靴を履かせてくれました。「なくさなくてよかったね」と言いながら…。

平日は娘と二人っきりでほとんど大人と話すこともない上に、この優しさ。なんだかジーーン…ときてしまいました。なんて優しいご婦人だったんだ。


そして思い返してみると、数ヶ月前。

同じ道を娘と歩いていた時、ベビーカーを押したママさんが前を歩いていて…。ベビーカーの中の赤ちゃんが、被っていた帽子をポイっと道に投げてしまったんです。ママさんは気付かず。

私は慌ててその帽子を拾い、「ぼ、ぼうし〜!!!落としましたよぉ〜!!!」とそのママさんを追いかけたのでした。

あの時は私が、「なくさなくてよかったねぇ」とか言いながらそのママさんに帽子を手渡したんだった。

どちらも同じ道でのできごと。
落し物ストリートだなここは…なんて思った昼下がりでしたとさ。

まだまだ友達も知り合いもゼロ人のこの町ですが、優しいご婦人のおかげで少し前向きになれました。仕事探そう。(結局そこ)

そんなわけで今夜は前向きに、こんなおやつを作りました。

IMG_5304
↑雑な画像ですみません。

さつまいもとリンゴを適当に煮たやつ。美味しいッ!!!

分量など計らず、たださつまいもとリンゴを切って、さつまいもは水にさらしておいて、砂糖と水で煮るだけッ!!バターやレモン汁を足すつもりが忘れていました。
今日はどちらも皮のまま使いました。
う〜〜んヘルシーではないけどスナック菓子食べるよりは罪悪感がマシです。


〜〜〜〜〜

明日は傘のいる地域もありそうですね。それにしても容赦ない朝晩の冷え!!!
皆様今夜もしっかり温まってくださいね。子どもとのお風呂ではそうもいかないときもありますが…。

私もあったかい紅茶を飲んだら寝ますッ!!!(さっきセブンでわらび餅買ってきちゃったのでそれも食べますッ!!!新商品色々あったのに、また定番にしてしまった…。)

おわり。