こんばんは。
日常が戻ってきましたね〜。松の内も明けましたし、残った年賀状は郵便局に持っていかなくっちゃ。

皆様も冬休み、終わったところでしょうか?年末年始が繁忙期で、休みじゃなかったわ…という方も多いでしょうか。

過去のNHKニュース:元日は休みます!
を読んでいると、ダイエーが元日営業を始めたのは1996年のことだったのですね。いつの間にか、大きなお店は元旦に開いていても当たり前だと感じるようになってしまいました。

便利な日本。それと引き換えに多くの人がお正月にも働いている…ということを忘れないようにしなくちゃいけませんね。便利さを多少手放してでも、日本人はもっと休むべきなんだ…という風に、世の中も変わっていくでしょうか。
それとも、便利さはそのままに、ロボットやドローンが元日営業を代わってくれる時代になるのか。

〜〜〜〜〜

今日は、オチもないような独り言のようなものを書いてしまいました〜。
こんな婆さんになりたい、と思った話です。

IMG_6098

IMG_6099

IMG_6096

IMG_6095

分かりにくくてすみません…。
インスタにもサッと上げられるように、4枚に分けた漫画を描く練習をしてみているところです。まだまだ慣れず、分かりにくさが目立ちますがお許しくださいッ!!

○2人の時間の優先順位

我が家は、子どもが生まれて、「夫婦の時間を持つ」ということへの優先度がぐっと下がってしまいました。

これは大抵のご家庭でもあるあるだと思うのですが…。でも、やっぱり私が産後に心も体もクタクタになっていたとき、こういう時間があったら変わったのかもな…。と今更になって思った次第です。
1人の息抜きの時間は作っていましたが、やはり夫婦2人きりで出かける時間も大切だったんだろうな…。

ちなみにこの記事↓
ハフィントンポスト:「週1で子供をベビーシッターに預けて夫とデート」道端アンジェリカ発言に賛否

を読んで、なるほど、こういう考え方に否定的な人は若い世代にもいるのかぁ…。と思いました。
(もちろんこういう記事に取り上げてある意見は、ネットで見かけたひとつの意見であり、それが若者の意見全てということはありませんが)

とはいえ、りゅうちぇるさんのような影響力のある方が新しい考えをバンバン発信されていますし!!
参照:たまひよのりゅうちぇるさんの連載2話「夫婦編」

↑りゅうちぇるさんの夫婦感、とっても素敵ですね〜〜。元々は、彼が男・女の固定的な概念に縛られない方(かわいいものにキュンとして、なりたい自分に近づくためにメイクをする)だからか。

そんなわけで、私がこの先もし「ばぁば」になる日が来たら…やはり…

○お金貯めとかな!!!

これに尽きるなぁとしみじみ思ったのでした。
育児の手伝いをしてあげたくても、もしかしたら私と娘で考え方の違いが多くあって、娘がそれを望まないかもしれないし。もしくは、私の体力的に無理な場合もあるかもしれませんね…。

それなら、いいものをたくさん買ってあげて、このお金でお出かけしてらっしゃい!!と、孫だけ可愛がるのではなく、娘も可愛がってあげたいよ〜〜。

今はまだ、定職に就けずフラフラしているババアですが…
夫とクレープを食べながら、「これから頑張って世帯年収上げていきたいね」と決意を新たにしたのでした。

今年こそは就活頑張ります。孫のためにもッ…!!!

※ちなみに、夫と「そもそも娘が子どもを持たないかもしれないよね〜。」なんて話もしました。
20年後、30年後。日本はどうなっているでしょうか。結婚という制度や、子どもを持つことに対する考え方も変わったりするだろうなとぼんやり考えます。

とりあえず、「子どもを生んでこそ、人は一人前になるのよ!」なんて的外れなお説教は絶対にしてはならないとここに書いておきます。このブログは私が年を取った時に読み返すために書いているのもあって、個人的な備忘録になってしまっていてすみません…。

〜〜〜〜〜

今日もまた、個人的な愚痴の延長のようなものを書いてしまってすみません…。

子どもを持ってから、私が自由な時間を持つことに対して親から否定的なコメントを貰うことがあまりにも多く、こんな内容になってしまったように思います。
普段は距離を置いているのであまり気にならないのですが、帰省すると直に言われるもんですね…。

さて。明日は晴れる地域も多そうですね〜。空気は相変わらず乾燥していますし、火の元にも用心しなくちゃいけませんね。

ババアは胃が疲れてるので、今日はこれを飲んでいました。

おかげで胃がスッキリ!!もう何回も購入してきましたが、やはり市販の胃腸薬よりこのフェンネルティーの方がスッキリします〜。
年末年始の贅沢な食事、年をとるにつれどんどん胃に反映されるようになった…。

皆様も疲れた体で無理はせず、今週はぼちぼち行きましょうねッ!!!

おわり。