こんばんは。

涼しくなり、やっと少し漫画が描けるようになってきた…!!!
でも絵もぐちゃぐちゃだし(それはいつものこと)、色も塗れずじまいですがとりあえずアップしますッ!!!
夏バテだったのか、意欲の湧かない数ヶ月を過ごしていました…。

皆様はどうですか?
急に涼しくなって体調を崩したりしていませんか。

〜〜〜〜〜

それでは、今日は虫の話です。 虫が苦手な方はお戻りください…!!!
(リアルな虫は出てきませんが)

ババアの未来創作漫画(?)「うちの育児ロボ」の世界観でお届けします。
未来ネタのまとめはこちら↓
 

※漫画に虫が出てきます。ご注意ください。 
 
IMG_1576
IMG_1577
IMG_1578
雑な漫画ですみません…!!!!!どんどん絵が下手になっていないか…?元々なけなしの画力なのに…。

昆虫食の時代が来るのか…?という話

少し前、無印がコオロギせんべいを発売したことで話題になりましたよね。

↑このページを見ると、コオロギがいかに優秀な食材であるかが分かりますね…すげえ…

それより前から、加入していたOisixではコオロギスナックが販売されていました。


牛が大量のメタンガスを生み出すのに対し、昆虫は食用にする際の環境負荷が小さいのでは、とも言われているんだそうですよ。
これからの新たな食糧として、昆虫食はかなり期待されているジャンルのようです。

ババアは先日、こんな本を読みました。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

おいしい昆虫記 [ 佐伯 真二郎 ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2020/9/27時点)


昆虫食を通じて昆虫と人間の関係をより良くする「蟲ソムリエ」の活動を行っていらっしゃる方の本です。この方を見かけたのはTwitterでした。

家庭菜園に害虫が出て困るので、虫の情報をTwitterで見る→→昆虫クラスタの方々の写真が目に止まるようになり、「へええええーーーこんな虫もいるんだ!!」と興味がわく、
という流れで、私は30代にして虫に興味を持ち始めたのです…。

家庭菜園をしているともう本当に虫だらけ、虫を見ない日はないという感じで、最初はそれが嫌で仕方がありませんでした。せっかく育てた苗は食べられるし、気持ち悪いし。

でも、Twitterで見かけた方々は、虫を食べたり、標本にしたり、眺めたり、様々な形で楽しんでいらっしゃる!!!
野菜についていたカメムシを殺すたび、「こいつらを食べたらおいしいのか…。確かに、この菜園で作れる野菜はたかが知れてるけど、採れるカメムシの方が遥かに栄養価高そうだな…」なんて思うようになりました。

でもまだ克服できない「虫嫌い」

とは言え、現実にはまだ虫を素手で触れるほどにはなれず、きっと今すぐに昆虫食を実践できるかと言われると微妙…!!!!!
漫画に描いた通り、ベビーに虫を「どーじょ」されても食べられないかも知れない…。
そんな気持ちの揺らぎを漫画化してみました。

虫が出てくるし、不快な思いをさせてしまっていたら申し訳ないです。

でも本当に、管理栄養士として子どもの食事を改めて振り返って見ると、やはり「たんぱく質」を十分に摂取させることの難しさを感じます。

おかゆ、パン、パスタetc...糖質はいくらでも食べやすくできるけど、お肉や魚をベビーでも食べやすいようにするのって難しい。成長期の子どものたんぱく質の必要量って想像以上に多くて、充足できていないことがとても多いのです。

それを解消できるのが、もしかしたら昆虫かもしれません。
ベビーには虫への先入観もなく、私たち世代よりもきっとすんなりと受け入れられることでしょう。
アレルギーへの問題はありますが(コオロギは甲殻類アレルギーの方は食べられないようです)、食べやすさ、たんぱく質の豊富さは素晴らしい。
また、他の栄養素については餌となる草によって良い方向に変えられるのではないかと思います。ビタミンやミネラルを豊富に含む草を食べているとその虫の栄養価も上がるとか…どうですかね…。

なんて、素人の妄想漫画でした!!!

〜〜〜〜〜

さて、今週はもう10月ですって。
あまりの実感のなさに呆然とします…。夏、どこ行った。春もどこ行った。あんまり記憶がありません。

今週はカラッと晴れる日も多そうですね。
湿度もだいぶ低くなってきていますから、加湿器で風邪対策を!!!

我が家でも加湿器をつけ始めました。
今年はこれが欲しいな…。と思っているところです。

今使っている加湿器はおしゃれだけど、水を入れるのが少し面倒になってきた。こういういかにもポット〜〜〜な加湿器の方が結局便利なのかもしれません…。

今週もぼちぼちいきましょうねッ!!!

おわり。