こんばんは。

3月8日は国際女性デー!
mimosa

イタリアではこの時期、花屋にミモザが溢れますッ!!!
卵の黄身をミモザに見立て、サラダを作るのはいかがでしょう?
(花屋でミモザを見つけたけど、花粉症の夫に良くないかなと思って諦めたババアであった…

ミモザ風の卵は、ザルを使うだけで簡単にできるッ!子どもにお手伝いしてもらうのもいいですね。
しかもこれ、「黄身はボソボソして食べたくない」という子どもに卵を食べさせやすいというメリットがあります。
(もちろんアレルギーには注意です。

〜〜〜〜〜
卵の栄養
実は、卵の白身と黄身では、黄身の方が栄養豊富とも言えます。
ボソボソして子どもが嫌がるけど、実は黄身の方を食べて欲しいッ…!
もちろん白身にもちゃんと栄養はあるので、どっちも食べるのがベストでしょうか。

卵は食物繊維とビタミンC以外の栄養素を含む「ほぼパーフェクト食材」ッ!!
足りない食物繊維とビタミンCは生野菜から摂れるわけだし、ミモザサラダって地味に優秀。
余裕がある日はアスパラやブロッコリーなどの色の濃い栄養満点野菜を取り入れると更に良いですね。

食物繊維の大切さについては、この過去記事で↓


〜〜〜〜〜
国際女性デー関連の話題

ファミリーマートは、国際女性デーの翌日から生理用品を年内ずっと-2%にすると発表!

スコットランドでは、生理用品を無性にするという法案が成立しましたね。
いずれ日本もそうなるといいものですが…。
生理用品って決して安くないし、こまめに替えなければ病気にもつながるし、ケチるのにも限度があるんですよねえ。


↑この調査によれば、学生の約2割が経済的な理由により
「生理用品を買うのに苦労したことがある」と回答したんだとか。

女性が輝ける社会の実現には、仕事や学業に支障をきたす生理への対応も欠かせないな、
と思うこの頃です。

日本の男女共同参画相のこの件については、しっかり考えたい。


遠い昔から、女性の先輩方が尽力してきたからこそ今がある。
とは言えまだまだ日本は性別によるギャップで苦労することがある…と私は思います。

娘が大きくなり、自分の性別で苦労をすることがあったら…
と想像すると、とても辛いッ!!!
私が過去に言われてきたような…そう、例えば
「女は愛想さえ良ければいい 学はいらない」
とか、そんなことを誰かに言われたら?
性別を理由に、何かやりたいことを諦めてしまったら?

もちろん、性別で苦しむのは女性だけとは限りませんね。
男性、女性、その2つだけに性別を決めるのも違いますしね。
どんな性別に生まれても、自分のやりたいことを諦める理由にはならない社会の実現
というのが今の時代の目指すところなのかな。

〜〜〜〜〜
やれ卵の栄養から男女共同参画社会だの…
話題があっちこっち行ってすみません。

今週もやっと終わりッ!!
週末は皆様どうお過ごしのご予定ですか??
私は…楽天スーパーセールで買い物でも…しようかな…
あまりすっきりしない天気になりそうですし、無理せずいきましょうねッ!

おわり。

〜今日のオススメ記事〜
ついにQoo10を履修!!!

この後クッションファンデとアイシャドウを買った!!また書きます!!

チョコモナカアイスが無性に食べたいとき
 
これ美味しいんだよなあ。

トイレが狭いことを延々愚痴ってるだけの日記
 

  ベルメゾンネット