こんばんは。

突如始まった家建てるシリーズ。
記事一覧はこちらから▼

前回の話はこちらから

今回はこんなお話です。
家建てる話(3)お風呂が2F?
ie3-1
「あんま見たことないな〜」
そう…あんま見たことない、お風呂が2F!?って。
私も、実家のお風呂は1Fにありましたし、今回も普通に1Fにお風呂を作るつもりでした。

しかし、いろいろな本を読み、あらゆる間取りをイメージした結果…

お風呂、2Fの方がよくないか!??
という結論に至ったのでした。

でも、デメリットももちろん考えられるわけで。
ie3-2
考えられるデメリットは、漫画に書いた通り。
でも、我が家は夜洗濯派!!そして完全部屋干し派!!!

もちろん洗濯のパターンは子どもの年齢や家族のスタイルによって変わる可能性がありますが、
ここから10年〜20年間のことを想定すると、圧倒的に2Fの方が便利。

服を脱ぎ、洗濯機に服を入れて入浴。

物干しスペースに洗濯物を干す。

洗濯物が乾いたら…
タオルなどはすぐそばのタンスに放り込む
服は隣の寝室にあるクローゼットへ


の繰り返し。
どれも同じフロア内で完結するので楽ッ!!

周りのマイホーム勢にお話を聞いてみると、
「1Fで洗濯し、洗濯物を抱えて2Fのベランダまで干しに行くのがしんどい」
「 取り込んだ洗濯物を、別の階にあるクローゼットまで運ぶのが億劫。」
というお声も耳にしまして…

洗濯をする場所
と、
洗濯物をしまう場所
は同じ階にある方が楽なんだな〜と…!

あとひとつ、大きな理由もありました。
ie3-3
というわけでしたッ!!!

いやまあ、来客があるときに洗濯物を取り込んどきゃいいだけなんですが…
だいたい干しっぱなしだし…。

物干しスペースを別に作れるなら1Fでもよかったのかなとは思います。
完全に別室にして、そこは来客時は見えないようにできる物干し場。

でも、洗濯物を干すためだけに使う土地はねぇ!!
というわけで、我が家の場合は2Fの「散乱フロア」に風呂場・物干し場を。

考えられるデメリットについては、一応今のところこういう認識です。
  • 費用…1Fに設置するより若干上がりましたが、爆増ってほどでもなかったです。
  • 騒音…今のところ気にならず。寝室が隣なので簡易的に壁に『簡易遮音間仕切り』を施しています。1Fにいても、2Fのお風呂の音はあまり聞こえません。
  • 水圧…気にならず。ただ、シャワーがお湯に変わるのが若干遅い気もします。同じ給湯器で1F・2Fの比較ができないので階数の問題かは不明!
  • 水漏れ…これは正直、起きてみないと分からない!ハウスメーカーの方は「今時は、何階にお風呂があろうとそうそう水漏れ事故とかはないと思いますけどねえ」との返事。
  • 将来…家族の誰かが要介護状態になる可能性はいつでもあり、その際はリフォームが必要になると考えられます。私たちの老後に関しては経年劣化によるリフォームがどのみち必要か。

なんせ我が家、これまでの賃貸転々生活で「最悪なフロ」をいくつも経験してきたので…
大抵のことは不満とも思わんな…??

お風呂のメーカーはどれがいいとか、洗面台のこだわりとか、そういった話はまた改めて。 
〜〜〜〜〜
室内物干し・どれがいい?

今時、ババアのような要望を持った方も多いようで…
いろいろ見学に行っていると、室内物干しスペースを作ってあるモデルハウスもありました。
Panasonicのホシ姫サマ。


川口技研のホスクリーン。


最初は自分でつっぱり系の物干し竿でもつけるか?
なんて思ったんですが…。

写真のインパクトがでかいAmazon


楽天

やっぱ、長く使うならちゃんと天井から吊るしてもらお!!!
と思い直したのでした。
我が家は見積もりしてもらい、ホシ姫サマよりホスクリーンの方が安かったのでそちらに。
実際の写真はこんな感じです。(散らかってるから引きの写真がない…)
monohoshi
ちょっと窓に近すぎたかな〜とは思いますが、限られたスペースなので仕方なし!
約1.2メートルの物干し竿。我が家は3人家族なのでじゅうぶん干せます。
一応紐で昇降し、使わないときは天井にしまっておけるのでスッキリ!
(まあ我が家は毎日干しっぱなしですけどねアハハハハ!!!!

トイレのこだわり、散乱スペースへのこだわり、風呂2Fへのこだわり。
次はどんな話でしょうか?(なんも考えてない)
まだまだ続きますので、お付き合いいただけると嬉しいですッ!!!

〜〜〜〜〜
連休で曜日感覚が狂ってしまいますが、今日は日曜日か…。
(いや月曜だった)
なんだかニュースを見ていると、気が滅入ってしまいますね。
もちろん気を引き締めて感染症対策を行うのは大切ですが、しんどいニュースから離れる時間も必要かもしれないと気がつきました。

少しでも目と心を休める時間が作れますよう。

おわり。

〜今日のオススメ記事〜
今なら分かる、母のあの気持ち

血色マスクを買った話

↑また新しい色を買い足しました!!!
夫、初めてのお好み焼き作り


アートボード 10

アートボード 2

アートボード 1