こんばんは。

今日は自転車のチャイルドシートの話。
IMG_4939
チャイルドシートのカバー、ボッロボロ。
周りのママ友を見ていると、きちんと屋根付きの駐輪場に停めていたり、
毎日ちゃんと自転車カバーをかけている人のチャイルドシートカバーはキレイなまま。

我が家は最初の1年以上、日に当たる場所に置きっ放しだったので…そりゃ破れますわな…。
その後も、駅のそばの駐輪場(屋根なし)に停めて会社に行ったりしていたので
紫外線浴びまくり。
やっぱりちゃんと自転車カバーをつけたらよかったですね…。後悔…。
IMG_4940
IMG_4941
そういえば、何歳までOKなの…!???

娘4歳、さすがに前方のシートには体重制限的にNGだということは知っていましたが
後ろのシートには何歳まで乗せていいんだ…???
知っているようで知りませんでした。
自分の幼少期を思い出すと小学生でも後ろのシートに乗っていたような気もするけど、
それってかなり昔の話だし…チャイルドシートなんて立派なものじゃなく、
なんかこう、イスがついてます!!みたいなやつでしたね〜。
もちろんベルトもなし。

さて、何歳までOKかというと…!!!
(ご存知の方はすみません、こんなに引っ張っちゃって…)
IMG_4942
就学始期まで…っていつ!??
詳しくはここが一番正確ですね。
警視庁のホームページ。

16歳以上の運転者は、幼児用座席を設けた自転車に小学校就学の始期に達するまでの者を1人に限り乗車させることができます
運転者はさらに幼児1人を子守バンド等で背負って運転できます。
とあるので、まあ、小学校に入るまで…ってことなんですね。
これ、以前は『6歳未満』だったのが変わったんですって。
確かに、6歳未満にしてしまうと、6歳の誕生日が来てから小学校入学までの保育園・幼稚園の送迎はどうなん…??ってことになりますものね。

で、上記は交通規則の話で、体重的な話はSG基準というのがありまして。
SGマークがついたチャイルドシートはSG(Safe Goods)の基準を満たしているということなので、

一般財団法人製品安全協会が定める自転車用幼児座席のSG基準では、

・前形の幼児用座席(体重の上限「15キログラム以下」)

・後形の幼児用座席(体重の上限「22キログラム以下」)


なんですって!!!
じゃあ…私が幼少期に乗ってたのは体重的にもアウツ…!!??(ど田舎の昔の話なので時効でしょうか…???

という発見でした。
うちの娘はあと2年もないのか…と改めてびっくり。
カバーもボロボロだけど、もうこのままでいいか…!??
と思い始めています…。
でも1年以上はあるわけだしな〜〜…買うか…う〜〜ん…

過去の自転車話はこちら。
カゴカバーを買った話

サドルカバーを買った話

カバーばっかり買っとんな。
次はハンドルカバーを買おうと思っています。
すでに手首が日焼けしとる…。
Amazonのこれか…
マルト(MARUTO) サマー アシスト車対応 黒(透明窓) 25875
マルト(MARUTO)







楽天で高評価なこれか… 

変速、固定しちゃってませんか?


〜〜〜〜〜
また改めて漫画に書きたいのですが、小学校入学後の送迎手段、どうしよう。
いや、基本的には徒歩で通うでしょうから送迎は不要ですが、体調悪いときとか…
車を持つという選択肢も考えないといけないのかな〜〜とか…
ずっと先のことだと思ってたけど、意外とそう遠くないんだなと驚いた話でした。

さて、週末!
久しぶりに雨が降らない日だった〜〜という地域も多いでしょうか。
なんだか今週は雨ばっかりで疲れちゃいましたね…。
雨ってだけで、子どもの送り迎えのハードルもぐっと上がってしまう〜〜。
暖かくなってきても、湯船につかってリラックスする時間も必要ですね。
今週もお疲れ様でしたッ!!!

おわり。

〜今日のオススメ記事〜
卵焼き担当大臣

何年生きてても分からないもの

ケルンでグリューワイン


アートボード 10

アートボード 2

アートボード 1




ベルメゾンネット