こんばんは。

主婦の「130万円の壁」にぶち当たってみて
※あくまで私の個人的な体験談です。

無題2403

無題2402

無題2401

無題2400 2

国民健康保険については収入に応じて額が決まるけど
国民年金は一律16,610円!
40歳を超えると介護保険料も。

住民税は忘れたころにやってくるし(忘れるな)

無題2418

※手続き自体はそう難しくないのですが、お互い不慣れだと無駄に手間がかかってしまいまして…

無題2399

自分のお金の知識のなさを猛省した

って話ーーー!!!!!

※自治体にもよりますが100万円を超えると住民税が発生し
※103万円を超えると所得税が発生し
※106万円を超えると職場によっては社会保険に加入する必要が発生し
※130万円を超えると社会保険の扶養から外れ
※150万円が配偶者特別控除を満額受けられる上限で
※201万円が配偶者特別控除を受けられる上限


ってことなんですよね、現在は。(合ってます?????
そんでもって『130万円』って、配偶者の加入している社会保険にもよりますけれども

『130万円を超える見込みが立った時点で扶養を外れないといけない』と言われるところが多いのではないでしょうか?
(※職場にもよると思うのでその都度総務・人事への確認が必要!!!!!

そりゃまあ、その年の収入の見込みが最初から立っているのが一番ですが…
そんなん全然わからねえ〜〜!!!
みたいな勤務体系の人もいるわけで…(ババアはここ数年ずっとそう)

ギリギリ130万円以内で収まるようにシフトを調整できるところもあれば、
どうにも調整がつかず、はみ出たりすることもあるわけで…。

で、そもそも収入の見込みが分からん時点で計画性がなさすぎでは?
という指摘があるとすれば、それももっともではありますが…。
(転勤やら引っ越しやらあり、仕方なかった側面もありますが!!!

ここ数年を振り返ると、なんとまあ行き当たりばったりな…。
でも、私のような状況に陥るシュフの方は他にもいるかなあとも思います。

そんなこんなで、私はここ数年
夫の扶養に出たり入ったり…
夫の職場の総務の方にはご迷惑をおかけして申し訳ないです…

この数年手続きをしてみて、自分の無知に反省を繰り返しています。

例えば。
130万円の壁って、具体的に何が130万円なの!????とか。
社会保険上の扶養に関しては交通費も含まれる
なんて知らず、よくよく計算しなおしてみたら
「交通費もけっこうもらってるからギリギリ130万円超えちゃう!!!」
ということに気づいたりとかね…バカ…!!!!!!
(ちなみに税制上の扶養については非課税分のみなので、交通費は含みません…たぶん…

若いころは会社員として働いていて、給与明細にいろいろ書かれている数字があったでしょうに。
全く無関心〜〜〜でここまできてしまったのがダメでしたね。
資産形成などについても、考え始めて行動したのはここ数年。
税や保険のことをちゃんと知ったのもここ数年。

お金についての教育って家庭任せ・個人任せな部分が大きいけど
ちゃんと最低限は勉強しておかないとダメなんだなと反省です。
今の日本では、知って行動しておかないと老後にえらいことになりかねませんしね…

子どもにも、いずれ教えていかないといけないだろうなと思いました。
リボ払いには気をつけろとか
まとまったお金があるなら運用しなさいとか…
小学生くらいでもわかりやすい本とかあれば、ぜひ教えていただきたいです。

〜〜〜〜〜
お買い物マラソン×5のつく日!!
みなさまは何か買われましたか??

私が最近買ってよかったのはこれ。

光る耳かき。

Amazon


楽天


1000円でこれ!!
とびっくりした品質。

あとこちら。

VC-3000のタブレット。

Amazon
ノーベル VC-3000 タブレット ボトル 150g×8個
ノーベル製菓








楽天


ビタミンCは免疫にかかわる大切なビタミン!!
単純にボリボリ食べててめっちゃ美味しいというのもあるけど…
子どもと一緒におやつにしています。
もちろん食材からビタミンを摂ることも大切ですけどね。

風邪を引かないよう、暖かくしておやすみください!


おわり。

〜今日のオススメ記事〜
びっくりするくらい汚い靴を復活させる


夏・冬の脱衣所に欠かせない!!!オススメアイテム


専業主婦家庭で、夫が育休を取得した話


アートボード 10

アートボード 2

アートボード 1